猫の病気の症状と対策 TOP

猫の病気は動物病院で対策を早めに!

猫を飼っている以上、病気のリスクは考えておくべきでしょう。

それぞれの臓器や皮膚に疾患があり、周囲の環境やストレス、寄生虫などが要因となって発症します。

猫は人間とは異なる種類の疾患が多いため、飼い主が自己判断で発見することは難しいのが現状です。それゆえ、何らかの異常が見られるようなら、すぐに動物病院へ連れていくことです。

ある程度の病気の傾向は、本を読むことで分かります。大まかな傾向を知っておくことで、冷静に対処できるでしょう。また、年齢別の疾患を把握しておくと、大まかな予想が立てられるので安心です。

■動物病院について
猫が病気になったときのために、専属の動物病院を決定しておきましょう。医師の対応など、病院によっても良し悪しがあります。また、同じ病院でも医師が異なる時間帯があり、それによっても好みが変わるという人は意外と多いようです。

猫を初めて動物病院へ連れていくと、かなりの抵抗を感じるのが普通です。これは、今までと異なる環境に身を置くためです。病院への免疫を付けておくことは、病気の治療のためにも大切なことです。

現在では、キャットフードも進歩し、普通どおり与えているぶんには栄養バランスは崩れません。

しかし、年齢を重ねてから生じる病気や、ストレス性の疾患は防げないため、飼い主がしっかり管理しておく必要があります。


エンジェルカラー 自動車の下取り相場を決めるポイントは? ラティース 楽天 優待券